ハネムーン・レポート『マサイマラゆっくりハネムーン』

2019年9月6日発の手配旅行でケニアに行かれた、齊藤様ご夫妻からのレポートです。

初めてのアフリカ大陸で、初めてのサファリ。色々な心配がありましたが、一生忘れない旅になりました。

1日目

ナイロビに到着後、現地にいらっしゃる菊池さんに出迎えていただき、ドライバーのジョンさんと初対面。ジョンさんは日本語が堪能で、経験もある方でとにかく安心感が。初日は、ナイバシャ湖まで車で向かい、湖に面したテントで一泊。

宿泊先の敷地内にも動物がいる空間に感動。夜ごはんから部屋に戻ると、ハネムーンのお祝い仕様に!結婚してから3年経ってからのハネムーンでしたが、改めてこうして祝っていただけるのはうれしいことですね。そして何より、肌寒い夜に湯たんぽを入れてくれていてさらに感動。温まることは幸せなことだな、としみじみ。

2日目

時差ぼけもあり、5時前には目が覚め、外にいたらカバが湖に入っていくのが見られたり、様々な鳥の鳴き声が聞こえたり。大自然の中で寝て、起きると本当に気持ちいいなと感じました。そして朝食後には、ボードサファリ。天気があまり良くなかったものの、1時間で色々見られました。

その後チェックアウトを済まし、マサイマラへ移動。途中、道とは思えないぐらいガタガタな道を運転してもらい、ここでもアスファルトの道などのインフラの違い(そして感謝)を実感。宿泊先ではブッシュディナー。二人きりの空間でゆったりと食事を楽しんでいたら、スタッフからのハネムーン祝いが・・・!お手製のケーキは食べきれないほどでした。食事もとてもおいしく、すっかり食べ・飲みすぎました。

3日目

初めてのフルデイサファリ。象、ライオン、キリン、ヌー、シマウマ、ワニ、カバ、ワシ、インパラ、チーター、イボイノシシ、水牛、ヒョウ等々・・・明日からもうサファリ行かなくてもいいのかな?と思ってしまうほど動物の自然の中でのいろんなシーンに出会えました。

4日目

朝はチェックアウト直前に、乗馬サファリ。朝、馬に乗りながら自然の空気や景色を楽しめました。キリンやシマウマも、馬だからかサファリ以上に近くで見られ、ゆたかな時間でした。この旅で一番リラックスできたかも?!その後、最後の宿泊先へ移動。午後のサファリはお休みにし、昼食後には宿泊先のプールを楽しみました。

5日目

この日の目玉は気球サファリ!人生に一度は絶対に経験したほうがいい!朝3:45起床、4:30出発で6:30頃から空へ。上から見る動物たちの動きはまた別の感動がありました。そしてマサイマラ全体で数頭しかいないと言われているサイも見られて、うれしかったです。昼食後もサファリ。特にライオンが肉を取り合っているシーンが印象的でした。

6日目

前日までのサファリでも見たいと思っていた動物たちがほとんど見れていたので、あまり期待せず(笑)に向かいました。そうしたら、ヌーが川を渡る瞬間を2回、そのうち1回はライオンの狩りまで見られました。運に感謝!

7日目

最終日は名残惜しい気持ちで目覚めました。実は夜、ライオンの鳴き声が聞こえており、宿泊先の方々に聞いたら、周辺に2頭うろうろしていたそうで。本当に貴重な経験したなと改めて。最後の最後までチーターやヒョウを見ながらドライブし、飛行場に向かいました。その後、ナイロビまで戻り、お土産を大量に抱えながら帰国便へ。

最後にはなりますが、「いろいろな動物が見たい」「忙しくない、ゆっくりな旅がいい」「きれいで安全なところに泊まりたい」と自由でアバウトなお願いを道祖神の担当者の方にお伝えし、組んでいただいた今回の新婚旅行。想像をはるかに超える経験ができたのは根本さんのおかげでした。私たちのふわっとした発言からあそこまでくみ取っていただき、本当にありがとうございました!

◆アフリカでハネムーン&ウェディング特集ページ