マサイ・マラ子連れ旅行

2019年8月10日出発の手配旅行でケニアに行かれた、I様ご家族からのレポートです。

ケニアでの動物サファリは長男の幼い日からの夢であった。ケニアは私が独身時代、旅した国の中でもっとも印象に残っている国、いつか再訪したいと思っている国でもあった。すぐにでも連れて行ってやりたかったが、当時、次男が生まれたばかりであった。私たちは、次男が5歳になった夏休みに行こう、と約束していた。そして、ついに今年、約束の年を迎えた。大人にとっては、あっという間の5年であったが、子供にとっては長かったはずである。約束したころには、5年後にはそんな約束は忘れているかもしれない・・・と思ったりもしたが、この5年間、長男は何度も夢のケニア旅行を話題にしていた。次男も長男と同じく動物が大好きな上、現在、幼稚園で担任して下さっている先生はケニア人女性であるため、兄弟そろって、体調管理につとめ、動物図鑑や「ダーウィンが来た」でサバンナの動物たちを何度も見て、ケニアに行く日を待ちわびていた。

1日目

ついにナイロビに到着。長旅で疲れ気味の私たちと対照的に、子供たちは「ケニアに着いたよ!」と叫びながら元気に走り出た。空港のスタッフが皆、黒人であることにも大興奮。ジャンボ!!と元気に挨拶する子供たちに、スタッフたちは皆、ニコニコ優しい。空港の建物を出ると高原のような爽やかな気候で気持ち良かった。ケニア滞在中、ずっとお世話になるドライバー兼ガイドのピーターさんの運転でナイバシャ湖へ。ナイロビから2時間弱のドライブ。ピーターさんは優しく穏やかな人柄、運転も丁寧な上、日本語も上手なので、とても頼もしい存在で、子供たちもすぐに大好きになった。

ナイバシャ湖のロッジは敷地内にカバがいる、ということだったが残念ながら、私たちが敷地内でカバには遭遇することはなかった。けれど、レストランからロッジまでの道でいきなりシマウマの群れが出て来たり、サバンナモンキーやジリスなどがたくさんいた。夕食はビュッフェスタイルでとても美味しかった。

2日目

翌朝、ボートサファリへ。ボートサファリの乗り場は敷地内にあり、そこへ向かう道にウオーターバックやシマウマの群れがいるので子供たちは大喜び。ボートの上から、様々な美しい鳥を見た。カワセミ、ヤマセミ、ハチクイ、ショウビン、サケイ、ペリカンといった鳥たちで、それぞれの巣を教えてもらい、巣から出てきたり、帰ってきたりする姿を観察した。一番、興味深かったのはカワセミのホバリング。テレビでは見たことがあるが、実際にホバリングして、一直線に降りて餌をとる姿は迫力があって、何度見ても飽きなかった。それから、陸では遭遇できなかったカバの家族がたくさんいた。ときどき、大きく口を開けるのがユーモラスで楽しい。小さなカバはとてもかわいい。

ボートサファリの後、いよいよマサイマラへ向けて出発した。6時間のドライブである。

途中、グレートリフトバレーを通った。人類発祥の地と言われている地。長男は楽しみにしていたが、昨夜からの興奮続きで爆睡中。せっかくなので起こして記念写真を撮ったが、寝ぼけまなこであった。

マサイ・マラへの道はデコボコ道が続き、何度も天井に頭をぶつけたことが印象に残っており、そのつもりでいたが、今では道の殆どは舗装されていた。最後の1時間ほどはデコボコ道になったが、ピーターさんはデコボコを巧みによけ、スピードをゆるめて慎重に運転して下さったので、天井に頭をぶつけることは一度もなかった。お昼ご飯はランチボックス。入っていたのは、チャパティ、バナナ、ビスケット、ローストチキン、ゆでたまご、パイナップルジュース。子供も好きなものばかりで良かった。

マサイ・マラに到着したのは夕方だった。サファリしながらキリマ・キャンプに向かった。アンブレラ・アカシアやキリンのシルエットが浮かぶ夕暮れ時のサバンナはとても美しく、「今日は軽くサファリ。明日はいろいろ見ましょう」と言われたので、そのつもりでいたが、道中でいきなりクロサイの親子に遭遇した。クロサイは、マサイ・マラでも見られないことがあると聞いていたので、大興奮。象の大群や、ライオンも見ることができた。

キリマ・キャンプの夕食は、コースメニューで、メインは2種類から選べるようになっていた。自家栽培しているという野菜をふんだんに使った料理はとても美味しかった。特にスープや、メインのカレーや魚のフライなど、レシピを教わりたいほど。唯一、残念だったのはサラダ。せっかくの美味しくて新鮮な生野菜なのだけれど、味の濃いドレッシングがかかりすぎている。塩かレモンだけで食べたら、もっと美味しかったはず。

夜は敷地内も肉食動物などが出ると危険なのでスタッフにエスコートしてもらってテントに帰る。テントには無線も電話もなく、何かあれば吹くように笛を渡された。こんな笛で本当に聞こえるのだろうか・・・と思いながらも、シャワーを浴びて寝るだけだし・・・とシャワーのお湯を調整していると夫の叫び声が。虫でも出てきたのかと思ったら、テント内を、斑点模様の動物が走り回っている!!ネコくらいの大きさで、シマシマ模様の長いしっぽがあって見た目はかわいい、けれど、野生動物だし、チーターの赤ちゃんとかだったら噛みついて来たりするのだろうか・・・と、やはり怖い。4人でベッドの上に上がって、キャーキャー騒いでいると、その動物もテントの外に出ようと必死で走り回っているが出られない様子。夫がテントの入り口を開けて外に出て、笛を吹き、子供たちがベッドの上でHELP MEと叫び続けていると、スタッフがようやく来てくれた。けれど、スタッフが来たら、いくら探しても動物は姿を見せず、どこにもいなかった。結局、いつ、どうやって逃げたのかはわからないが、それきり姿を見ることはなかった。ガイドブックの写真でチェックすると、どうやらジェネットらしい。子供たちは怖がっていたが、私にはわくわくするほど楽しい出来事であった。

3日目

翌日はランチボックスを持ってロングサファリへ。午前中はバッファロー、カバ、ライオン、ブッシュバック、マングース、ハイラックスなど様々な動物たちを見てから、マサイシュカを敷いてサバンナでピクニック。食事中、アフリカハゲコウたちが近くにいた。ピーターさんによると、彼らはピクニックが終わった後に食べ物が落ちているのを食べようと待ち構えているらしい。「お昼からはヌーの川渡りを見に行きましょう、ヌーはもう渡りたい気持ちになっています」とピーターさんが遠くの黒いラインを指しながら言った。双眼鏡で黒いラインを見てみると、それは一直線になって走るヌーの大群であった。夫はそれを見ると、「早く行かないと渡り始めるんじゃないか」と気をせかし始めた。けれど、ピーターさんは「焦らなくて大丈夫、今から川の近くへ行って渡るのを待ちましょう」と言った。川沿いは、川渡りを待つサファリーカーで既にいっぱいであった。私たちはヌーの大移動の時期だと知って旅行の日程を決めたわけではなかった。旅行の直前になって、大移動の時期であることを知り、ひょっとしたら見られるかも?という程度にしか考えていなかった。子供たちに川渡りのことを話してすらなかった。本当に今から川渡りが始まる、なんて夢のようなできごとであった。川渡りといえばヌーだと思っていたが、シマウマも川渡りをすることを直前に知った。川渡りする場所にはお腹を空かせたワニたちが待ち構えていた。まず、シマウマの川渡りが先だった。何度も何度も川に足を踏み入れては途中で引き返して、ずいぶん、遠いところまで戻って行ってしまう、ということを何度も繰り返した。2時間以上もそれを繰り返し、ようやく、渡る時が来た。渡り始めると、想像以上のシマウマの大群が一斉に川を渡っていった。シマウマは一頭もワニの餌になることなく無事に渡り切ったので拍手がわきおこった。圧巻であった。実際に渡るまで長い時間待つので、子供たちは飽きるのではないかと思ったが、子供たちも夢中で目を輝かせて観察し続けていた。その後、ヌーの川渡りがあった。ヌーは3頭、ワニの餌となった。更に別の川渡りの場所へ移動した。そこでは既に川渡りが始まっており、ヌーたちが一斉に渡っているところだった。マサイ・マラに来て良かった、という感動を胸に食べる夕食はひとしお美味しかった。

4日目

翌日、午前中はホースライドサファリ&ウォーキングサファリに参加した。ホースライドサファリは、9歳の長男は1人で馬に乗れるが、5歳の次男は夫と2人で乗った。私は過去に2回だけホースライドサファリの経験があったが、夫や子供たちは初めてである。けれど、練習のようなものは特になく、馬に乗ったら、いきなり出発。慣れるまでは少し怖かった。けれども馬でサバンナを散策するのはとても気持ちが良く、楽しかった。

部屋で少し休憩していると、マサイの戦士が迎えに来た。ウォーキングサファリのガイドがマサイの戦士だとは聞いていなかったので、びっくりしたが、子供たちは大喜び。動物のフンや足跡、食べるものについて、生えている植物について(薬として、食料として、化粧品としてマサイ族が利用している葉っぱや実だったり、毒があるから気を付けないといけない植物だったり)、いろいろ説明してくださって、とても興味深かった。

ロッジのランチはビュッフェスタイル。種類はそれほど多くないけれど、とても美味しかった。

午後からはサファリドライブへ。この日もたくさんの動物たちを見ることができたが、一番、嬉しかったのはチーター。ぜひチーターとヒョウに会いたかったからだ。チーターは草の中に隠れるように座っていた。マサイ・マラでは毎日、何度もライオンに出会うことができるが、この日会った雄ライオンはシマウマを引きずって休みながら歩いていた。口の周りは血で赤く染まっていた。ピーターさんによると、内臓を食べ終わったところで、明日も食べるために、ブッシュの中に運んでいる最中ということだった。ブッシュの中に隠しておかないとブチハイエナなどに横取りされてしまうとか。ライオンは私たちの車の前を横断し、ブッシュへ向かって歩いていった。ブチハイエナ、といえば、長男が「ブチハイエナのフンは白いんだよ、見てみたいな」と言っていたが、ちょうど、ブチハイエナがフンをする姿も観察できた。本当に白いフンだった。

5日目

翌日、午前中にサファリドライブ。このサファリドライブでは、念願のヒョウを見ることができた。ピーターさんが「ヒョウをまだ見ていなかったので、ヒョウを見ていきましょう」と言って下さったときには、「ヒョウが見られるの?」と家族全員大歓声。ヒョウはビッグ5の中でも一番見るのが難しいと聞いていたからだ。木の上でくつろぐヒョウを観察した後、マサイ・マラ国立保護区の近くにあるナボイショ コンサーバーシー内のベースキャンプ・イーグルビューへ移動した。キリマ・キャンプが3泊しか取れなかったためだ。途中、タンザニアとの国境へ寄り、セレンゲティに足を踏み入れた。マサイ・マラとつながっていますが、国境が閉鎖されているため、直接入国することはできないそうだ。

ナボイショの近くで、マサイ族の村を訪問した。夕方なので、男性たちも子供たちもいてにぎやかだった。子供たちはマサイのダンスに入れてもらったり、火おこし体験をさせてもらったり、家の中を見せてもらったりと楽しいひとときだった。

6日目

翌朝、いよいよ楽しみにしていたバルーンサファリに参加。家族全員、初めての体験にドキドキが止まらない。ふんわりと空中に浮かぶのはとても気持ち良く、早朝なので寒いのかと厚着していたが、火のそばなので、ぜんぜん寒くなかった。動物はそんなにたくさんはいなかったが、サバンナの上を飛ぶことができただけで大満足だった。サバンナでの朝食も最高だった。その後、マサイ・マラのサファリドライブを楽しんで、宿に戻ってランチを食べた。夕方、いよいよ最後のサファリドライブ。マサイ・マラに行くか,ナボイショ内にするか迷ったが、せっかくなのでナボイショでのサファリドライブを選んだ。ナボイショはマサイ・マラとは比較にならない小規模なところだが、プライベートエリアのため、宿泊者しかサファリドライブできず、とても空いていた。キリンやシマウマ、インパラにディクディク、イボイノシシ、ライオンの家族などたくさんの動物たちがいて、心行くまで観察できた。マサイ・マラやナイバシャ湖で水の中のカバは何度も見ていましたが、ナボイショでは、カバたちが陸を歩き、川にドボン、ドボンと入っていく様子を初めて目にすることができた。

7日目

最後の朝。朝食のボックスをもらって、早朝に出発した。

アフリカのお土産屋さん&レストランのあるウタマドゥニで少しでもゆっくり時間を取れるように、とピーターさんが気を遣って下さり、朝食はピーターさんも私たちもドライブ中に車内で食べることにし、トイレ休憩も1回だけにして、ナイロビへ向かった。そのおかげで、予定よりとても早くウタマドゥニに着くことができ、ゆっくり買い物したり、ランチを食べたり、子供たちが公園で遊んだりした上に、更に時間に余裕があったので、スーパーマーケットにも寄って下さることになった。ウタマドゥニはものすごく品揃えが良い上、値札シールが貼ってあるので値段交渉の必要もなく、品物のクオリティも良くて、他で買い物する必要はなかったと感じた。ケニアで買ってきた雑貨はどれも味わいがあって素敵で、もっとたくさん買えば良かった、と帰国後に思ったほどだ。スーパーマーケットは道中にたくさん目にした小さな小屋のようなマーケットに寄るのかと思ったら、ショッピングモール内のカルフールだった。小さなマーケットにも興味はあったが、カルフールは品揃えも良く、安心して買い物できた。ティンガティンガのかわいい絵の袋に入ったスナック菓子やロイコ、バナナチップス、パープルティーなど購入した。

本当に素晴らしい旅行になり、子供たちもまたケニアに行きたいと言っている。今度はタンザニアへも行ってみたい。

その際は、またよろしくお願いいたします。

■アフリカ オーダーメイドの旅