ハネムーン・レポート『ケニア・サファリ・ハイライト10日間 ハネムーン手配旅行』

2018年11月16日出発の手配旅行でケニアに行かれた、西脇様ご夫妻からのレポートです。

ホテルでも野生動物と接近!

私たちが特に感動したのは、ホテルでも野生動物を近くに見られること。そこで宿泊したホテルをご紹介します。

オレ・セレニ OLE SERENI

ナイロビに着いてすぐに宿泊したのがこちら。ナイロビ国立公園に隣接するため、部屋の窓から野生動物たちを観察することができました。朝食でレストランのテラスに出れば色鮮やかな鳥が見られます。部屋も快適で、ヘアアイロン、電気ケトル、バスタブ、すべてそろっていました。ハネムーンのケーキやベッドメイキングでもてなしてくれました!

部屋から見えたのはコンゴニ
部屋から見えたのはコンゴニ
とアフリカスイギュウ
とアフリカスイギュウ
テラスの向こうはナイロビ国立公園
テラスの向こうはナイロビ国立公園
テラスのテーブルからお砂糖を奪ってつつき合う色鮮やかな小鳥たち
テラスのテーブルからお砂糖を奪ってつつき合う色鮮やかな小鳥たち

オルトカイ・ロッジ OLTUKAI LODGE

アンボセリ国立公園で宿泊したのがこちら。公園のど真ん中にあり、ホテルの敷地と公園は地続き。鉄線のすぐ向こうではゾウや水牛などがゆったりと草を食む様子が見られます。部屋はロッジで、コモンスペースからロッジまで歩いている合間にもサバンナモンキーやヒヒ、綺麗な色の鳥に出会います。嬉しいことにカメラが手放せませんでした!ヘアアイロンはレセプションで借りられます。電気ケトルあり。こちらもハネムーンのベッドメイキングでもてなしてくれました。

バーの2階から顔をのぞかせるサバンナモンキー
バーの2階から顔をのぞかせるサバンナモンキー
ヒヒともこの距離感!向こうから必要以上に近づいてくることはないので安心
ヒヒともこの距離感!向こうから必要以上に近づいてくることはないので安心
レストランのテラス 奥にはシマウマが見える
レストランのテラス 奥にはシマウマが見える
部屋の窓からはゾウが見られた
部屋の窓からはゾウが見られた
天蓋のある素敵なベッド
天蓋のある素敵なベッド
部屋の屋根に止まるツキノワテリムク
部屋の屋根に止まるツキノワテリムク

サロバ・ライオンヒル・ゲーム・ロッジ SAROVA LION HILL GAME LODGE

ナクル湖国立公園で宿泊したのがこちら。公園内の丘の斜面にあり、窓からナクル湖を臨めます。夜着いて朝出て行ったのでホテル内で動物は見ませんでしたが、部屋の前で熱心に木をつつく小鳥は見られました。ディナーではギターの弾き語りをしていてロマンチックな雰囲気。リクエストを求められますので素敵な曲をリストアップしておいてくと良いかも。ヘアアイロン、電気ケトルが備わっています。

出窓からナクル湖がちらり
出窓からナクル湖がちらり
何やら熱心に木をつつく小鳥
何やら熱心に木をつつく小鳥
レストランのテラス 深い緑の良い眺め
レストランのテラス 深い緑の良い眺め

エンティム・キャンプ ENTIM CAMP

マサイ・マラ国立保護区で宿泊したのがこちら。公園内のマラ川沿いに位置し、カバやキリンがすぐ近くに見られます。夜はテントの周りをカバが歩いている足音と、葉っぱを食べる音が聞こえてきてドキドキ興奮しました。とにかく驚くのが「テント」なのにとてもラグジュアリーなこと。コモンスペースも部屋も雰囲気の良い調度品でしつらえてあり感動します。一昨年リニューアルしたとのことで、お湯も電気もばっちり使えます。昔の口コミを読んで不安を抱いた方、ハクナマタタ!ですよ^_^ お酒を含めた飲み物が宿泊代金に含まれているので、飲み放題です。またランドリーも無料でしてくれます。宿泊中を快適に過ごして欲しい、というホテル側のホスピタリティーをひしひしと感じました。

料理が毎食とても美味しい
料理が毎食とても美味しい
マラ川を臨むテラス
マラ川を臨むテラス
マラ川を臨むテラス
マラ川を臨むテラス
よく見るとカバが泳いでいる
よく見るとカバが泳いでいる

念のため…もちろんサファリでも動物を見てきました!

ビッグ5制覇!なかなか見られないというサーバルキャットとは4度会えました。何が起こるか分からないサファリへ皆さんも是非行ってみてください!