ネコ科の瞳孔の秘密

一般的な猫の目は瞳孔が縦長になっていて、夜中にキラキラと目が光るイメージ があるかと思います。

これは瞬時に瞳孔の大きさを変えることに有利とされていて、光が反射するのは反射板のようなものが網膜の後ろにあり、光を集めやすくするためです。

小型のネコ科の動物には縦長の瞳孔をもっているものが多いですが、ネコ科に属するライオンやヒョウ、チーターの目をじっくり見てみると瞳孔が丸いのがお分かりいただけるかと思います。

2016072902

これは獲物との距離を正確に測るには左右の目の見え方によるものと、ピンボケによるものがあり、大型のネコ科動物には前者が適しているからと言われています。

縦長の瞳孔を持っている動物は両方をうまく駆使して獲物との距離を測るようです。

ちなみに馬やヤギは瞳孔が横長になって、イヌ科に属するキツネは縦長の瞳孔を持っています。

By 菊地 佑介