アフリカのファーストフード事情

マクドナルド、ケンタッキー、バーガーキング・・・アフリカのファーストフード事情

日本国内では、見かけない場所を探すのが難しいほど浸透しているファーストフード店。

アフリカの事情はどうかと言いますと、ファーストフードの代表格のマクドナルドは、現在、エジプト、モロッコ、南アフリカ、モーリシャスの4か国のみと以外に少ないです。
今後、ナイジェリアを始めとして展開を予定しているようです。

ケンタッキーは、東南部アフリカを中心に16か国に進出しています。

バーガーキングは、2013年に南アフリカに進出し、
今後も各国の展開を予定しています。

忘れてはいけないのは、日本発のファーストフード。
以前にもFBの記事で取り上げましたが、2014年にケニアのナイロビに進出した、トリドールの「Teriyaki JAPAN」。今後の展開が楽しみです。

日本や先進国と違い、アフリカでは外資系のファーストフードは、庶民には決して安いものではなく、日本のように、サラリーマンの懐を助ける、広く一般庶民の食べ物ではありません。

ただ、急進的な経済成長に合わせて、中間富裕層が増加しているアフリカ諸国では、大きな需要が見込まれるため、今後の出店拡大はより顕著な動きになるのではないでしょうか。

写真は、まだまだ本家マクドナルドの出店が先になるであろう、
ブルキナファソはバンフォラにある、エムシードナルド!

by 荒木