アフリカのキャンプ事情・その5 マダガスカル編

モザンビークの東に浮かぶ世界で4番目に大きな島、マダガスカル。この国のイメージといったらやっぱりバオバブでしょうか。

バオバブの夕景
バオバブの夕景

弊社でマダガスカルのキャンプ泊が取り入れられているツアーは、船旅の入ったものだけになりますが、実はマダガスカルはまだまだ「キャンプ場施設」というレベルのキャンプ場は非常に少ないところです。ツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区にある「ツィンギ」近くにあるキャンプ場はたぶんマダガスカルでは最もキャンプ場らしいキャンプ場だと思います。

ツィンギ近くのキャンプ場
ツィンギ近くのキャンプ場

ですが、やっぱりマダガスカルでキャンプをするなら川沿いが一番しっくりきます!もちろん「キャンプ場」ではありません。ただの自然の河原です。柔らかい砂が広がっているので寝心地も抜群。夜は焚き火を囲んで、ゆったりとした時間が過ぎていきます。

川沿いでキャンプ
川沿いでキャンプ

by 久世

ZOOLOGYの動物チョコレート

昨日はバレンタイン・デーで街中にはチョコレートが氾濫していましたね。

そんないいタイミングで動物好きにはたまらないチョコレートを頂きました。

ZOOLOGYという会社のものですが、箱に入っていたのは、アフリカのリアルな動物たち。

特にお気に入りはベビーゴリラ。あくびをしているゴリラの子供の無邪気な表情がたまりません。

ベビーゴリラ
ベビーゴリラ

ゴリラはマウンテンゴリラ(大人)っていうのもあります。

アフリカ以外にも充実していて、爬虫類は肌の質感がまたリアルだそうです。

食べるのはもったいないのでどうしようかと思案中です。

by KQ

イベリア、再び

昨年10月より、イベリア航空が約20年ぶりに成田-マドリッド線を週3便で再開させたのは、記憶に新しいところです。
これまで、スペインへ行くのに、ヨーロッパか中東の都市を経由して行っていました。直行便の再開でマドリッドを初めとするイベリア半島、さらには広大なスペイン語圏人口を抱える南米大陸へのアクセスも非常に良くなりました。

道祖神の航空券担当の視点は、当然のごとくアフリカ大陸へ向いています。イベリア航空はモロッコのカサブランカ、マラケッシュ、アルジェリアのアルジェ、オラン、セネガルのダカール、赤道ギニアのマラボ、南アフリカのヨハネスブルグの7都市へ就航しています。そのうち、マラケッシュ、アルジェ、ダカールは毎日就航しています。

ただ、非常に残念なのは、スケジュールの都合でヨハネスブルグ便以外は同日乗継ができません。そして、一部の都市を除いて、日本発からアフリカ各都市への通し運賃設定が無いことです。

サハラ以南アフリカの滞在のあとに、マドリッドやスペインを滞在されるのも良いかもしれません。

by 虎

画像はイベリア航空の成田線の主要機材のA330-200

Hanako No.138

出版社:マガジンハウス
発行:1991年3月14日

アフリカン書籍…ではないのですが、ちょっと面白いものを発見したのでご紹介。
紹介させて頂くのは、女性誌の『Hanako』。
但し、NO.138号で今から26年前の1991年3/14発行の号です。
弊社の書庫に1冊転がっていたので何かと思ってページをめくると、なんとケニア旅行の特集号でした。
ちゃっかり、当時の道祖神の広告も発見。

表紙のキャッチコピーは、「都会的女性の究極のリゾートは、サファリ。」
ここまで言い切ってもらえると、何だか私達も勇気づけられるような気がします。
記事の内容も国立公園のロッジ紹介や、ナイロビのグルメにショッピング特集と、雑誌側の本気を感じます。「ガバナーズ・キャンプ」「サロヴァ・マラ」「アンボセリ・セレナ」「ジ・アーク」など、今でもよく弊社のツアーが使っているロッジ等が当時から紹介されていました。

やはり、というか女性誌ならではの視点は、サファリに際してのファッション特集。
いかにおしゃれにサファリルックを楽しむか、という視点は私達もお客様への案内で見落としていた部分かも……。
「サファリのイメージだけにとらわれると、ディナータイムは溜め息の連続。」
うーむ、なるほど。勉強になります。先生。

26年前の週刊誌なので入手は難しいと思いますが、お読みになられたい方は是非、道祖神の東京本社まで。

by 生野