WILD AFRICA 16 草木と動物とフンコロガシ

サファリに参加する人々の目的は、ほとんどの場合ライオンやゾウ、サイ、チーター、ヒョウといった象徴的な大型哺乳類を見ることだろう。確かに、アフリカまで来たからにはそれらを全部見たいと思うのは当然だ。通常のゲームドライブでは … 続きを読む WILD AFRICA 16 草木と動物とフンコロガシ

WILD AFRICA 15 ブチハイエナと夜のサバンナ

太陽が地平線の彼方へと姿を消し、頭上の空が水色から群青色に変わる頃、私は撮影を終えてキャンプに戻ってくる。夕飯の支度をしながら耳を澄ましていると、明るい時分には鳴りを潜めていた多くの生き物たちの声が聞こえ始める。夜は昼よ … 続きを読む WILD AFRICA 15 ブチハイエナと夜のサバンナ

WILD AFRICA 14 キンモクセイとセミとヌー

2011年10月初旬のとある晴れた日、窓を開け放つとキンモクセイの甘い香りが漂ってきた。ああ、秋が訪れたなと思うところまではよかったのだが、よく考えると何かがおかしい。先ず自分の服装。10月というのにTシャツ・短パンだ。 … 続きを読む WILD AFRICA 14 キンモクセイとセミとヌー

WILD AFRICA 13 ボツワナサファリの穴場 マシャトゥ

南部アフリカのボツワナ共和国はサファリのメッカである。ゾウが多いことで有名なチョベ国立公園や、モレミ動物保護区、オカヴァンゴデルタなど、世界的に有名な場所がいくつもあるからだ。一方で、知名度はさほど高くないものの、負けず … 続きを読む WILD AFRICA 13 ボツワナサファリの穴場 マシャトゥ

WILD AFRICA 12 繊細さと危うさを感じさせるチーター

高校生の頃、「わくわく動物ランド」や「野生の王国」と言ったテレビ番組をよく見ていた。西アフリカから日本に戻り、東京という大都市での生活を強いられていた私は、画面に映し出されるセレンゲティやマサイマラの野生動物たちの姿に心 … 続きを読む WILD AFRICA 12 繊細さと危うさを感じさせるチーター