WILD AFRICA 32 アフリカゾウは静かに歩く

アフリカゾウは地上最大の動物だ。大きなオスの成獣ともなれば、肩までの高さが3.5メートル、体重は5トンを超える。ところが、あの巨体にもかかわらず、彼らは信じられないくらい静かにブッシュの中を移動する。以前、藪の濃い南アフリカのクルーガー国立公園で、ファインダーの先にいる被写体に気を取られている間に、車の真後ろまでゾウが来ていたという経験をした。向こうは別にチャージしてくるでもなく、まるで私の間抜けさを笑うかのようにこちらを一瞥すると、再び藪の中へと姿を消した。あれは大いに肝を冷やした出来事だったが、ゾウがあまりにも静かに動くことに驚嘆もした。植物が密生し、地面にも枯葉や枯れ枝が散乱している状況でも、風に揺れる枝葉程度の音しか立てないのだ。

秘密の一つは、ゾウの脚の構造にある。彼らの脚は、持ち上げると底の肉がたるみ、下方へ大きく湾曲するようにできている。つまり脚を下ろす際に、いきなり平面で踏みつけるのではなく、まるで軟式テニスボールを地面に押し付けるように、やんわりと体重がかかるようにできているのだ。いま一つは体の形状だ。真上から見ると、アフリカゾウはかなり楕円形に近い形をしている。藪を掻き分ける際に、枝などをへし折らずに進めるようにできているのだ。水中を航行する潜水艦の形状などと理屈はよく似ている。

しかし、なぜああまで静かに移動せねばならないのか、その理由が正直なところよく分からない。アフリカゾウはサバンナの王者だ。成獣であればライオンですら手出しはしてこないし、エサとなる草木は逃げはしないのだから、何かに忍び寄る必要もない。しかも、好物の木の葉や果実を見つけたら、もの凄い音を立てて樹木そのものを押し倒したりもする。また音はしなくとも、風下にいれば私のような感覚のさして鋭くない人間すら気付くくらい体臭も強いのだから、別に気配を消そうとしているわけではないはずだ…。

写真は乾季のボツワナ、マシャトゥ動物保護区にある水場に家族と共にやってきた子供たちだ。以前紹介したエレファント・ハイド(現在はマタボレ・ハイドと呼ばれている)で、去年撮影した。こちらはハイドの中で身じろぎせずに待っていたのだが、それでもすぐそばに来るまで音は聞こえなかった。

撮影データ:ニコンD4、AF-S NIKKOR 500mm f/4D II、1/1600秒  f/5.6  ISO1000

山形豪さん、待望の写真集と書籍を出版!

動物たちの瞬間をとらえた美しい一冊 『From The Land of Good Hope(喜望の地より)』 風景写真出版/3,241円(税別)
動物たちの瞬間をとらえた美しい一冊 『From The Land of Good Hope(喜望の地より)』 風景写真出版/3,241円(税別)
大自然を貫く「生」の本質に迫る! 『ライオンはとてつもなく不味い』 集英社新書ヴィジュアル版/1,300円(税別)
大自然を貫く「生」の本質に迫る! 『ライオンはとてつもなく不味い』 集英社新書ヴィジュアル版/1,300円(税別)

写真・文  山形 豪さん

やまがた ごう 1974年、群馬県生まれ。幼少期から中学にかけて、グアテマラやブルキナファソ、トーゴなどで過ごす。高校卒業後、タンザニアで2年半を過ごし、野生動物写真を撮り始める。英イーストアングリア大学開発学部卒業後、帰国しフリーの写真家に。南部アフリカを頻繁に訪れ、大自然の姿を写真に収め続けている。www.goyamagata.com

Africa Deep!! 61 サッカーがとりもつ日本とアフリカ 友好と相互理解の可能性

大分県の中津江村という小さな村がかつて日本中の話題をさらったことを覚えていらっしゃるだろうか。2002年のサッカー日韓ワールドカップ。あのときカメルーン代表チームの合宿地に選ばれたのが、なぜか中津江村だった。僕は大分県在住だから中津江村がどのあたりに位置しているか知っているが、コンビニまで車で30分はかかる山村である。

合宿地入りする際、カメルーン代表は大遅刻した。予定よりまる5日遅れて、しかも到着は未明の午前3時というのがいかにもアフリカ的。しかしそれでも人口が1000人そこそこの村にして、なんと100人以上が出迎えたという。おそらくアフリカ人を初めて目にする人が大半だったと思われる。予定していた行事はすべて中止となったが、坂本村長を中心に村を挙げての歓迎ぶりはカメルーン代表の面々をいたく感激させたという。当時のカメルーン代表といえば、同国代表最多得点記録保持者で過去4度のアフリカ年間最優秀選手賞に輝いたこともあるサミュエル・エトオや、Jリーグのガンバ大阪にも所属したことのあるパトリック・エムボマらそうそうたるメンバーが揃っていた。

選手と村人は互いに打ち解け、友情のようなものも芽生えていった。何よりも素晴らしいのは、ワールドカップが終わってからもその交流が続いていることである。村民は全員が「不屈のライオンの会」に会員登録されている。「不屈のライオン」はもちろんカメルーン代表の愛称で、毎年10月には村を挙げて小学生チームの大会「カメルーン杯」を主催する。また国際大会では日本代表を差し置いてカメルーンを応援するという力の入れ方だ。

本当かどうか知らないが、大統領は政府の要職に就く人に「ぜひ中津江村を見てこい」と進言するらしい。それほど両者は固くて深い絆で結ばれているのである。余談だが、平成の大合併で中津江村が日田市と合併することになったとき、本来は「日田市中津江町」となる予定だった。ところが「中津江村」はそれ自体がインターナショナルな地名として認識されているという理由から、「日田市中津江村」に落ち着いたという。

今年久しぶりにカメルーンを旅したとき、あちこちで国民的英雄「エトオ」の名前が入ったユニフォームを着ている人に出会った。あのエトオも中津江村で交流していたのだなと考えると、ちょっとだけ胸が熱くなった。

写真・文  船尾 修さん

船尾修さん
1960年神戸生まれ。写真家。1984年に初めてアフリカを訪れて以来、多様な民族や文化に魅せられ放浪旅行を繰り返し、いつのまにか写真家となる。[地球と人間の関係性]をテーマに作品を発表し続けている。第9回さがみはら写真新人賞受賞。第25回林忠彦賞受賞。第16回さがみはら写真賞受賞。著書に「アフリカ 豊穣と混沌の大陸」「循環と共存の森から~狩猟採集民ムブティ・ピグミーの知恵」「世界のともだち⑭南アフリカ共和国」「カミサマホトケサマ」「フィリピン残留日本人」など多数。元大分県立芸術文化短大非常勤講師。大分県杵築市在住。
公式ウェブサイト http://www.funaoosamu.com/

アフリカの山に登ろう! recommend 3 レユニオン島の山々

第3回はここ最近のマイブーム、「レユニオン島」の山々をご案内します。レユニオン島は厳密にはアフリカではなく、フランス海外県の島ですが、位置的にも文化的にも「アフリカ」と呼んで差し支えないと思われます。

火山活動が作り上げた「トレッキング天国」

インド洋西部、高低差3,070mの火山島

レユニオン島は、マダガスカルから東に約800kmの位置にあり、モーリシャス島にもほど近く、住民の殆どはフランス、インド、マレー系の人々と黒人の両方をルーツに持っています。面積は2,512㎢、日本の佐賀県とほぼ同じという小さな島ですが、すごいのはその高低差。日本でいうと屋久島や利尻島と比較できるかもしれませんが、海抜0mの海岸線から海抜3,070mのインド洋最高峰ピトン・デ・ネージュ(「雪の峰」の意味)山頂まで、実に多様な景観や植生が広がり、現在も噴火を繰り返している火山島でもあります。

後ろに見えるのが、インド洋の最高地点ピトン・デ・ネージュ山頂
後ろに見えるのが、インド洋の最高地点ピトン・デ・ネージュ山頂

島ができたのは約300万年前のこと。当時の火山活動が海底を約4,000m押し上げ、そのまま地上にそそり立ち、現在の最高峰でもあるピトン・デ・ネージュの元の姿である火山が形成されました。火山活動は徐々に沈静化し、空洞になったマグマ溜まりを押し潰すように山体崩壊が起き、その上に降り注いだ世界最多の降水量(24時間の降雨量がなんと1,870mm!)を誇る雨水がいくつもの谷を削ってできあがったのが、この島の山岳景観です。

火口の途中からもマグマを噴き出すフルネーズ火山
火口の途中からもマグマを噴き出すフルネーズ火山

世界遺産登録された山岳景観

レユニオン住民のほとんどは、海岸沿いや一部の平地(標高はそれなりに高い)に暮らしていますが、島のほぼ70%にあたる山岳地帯は、そっくりそのまま「レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群」としてユネスコ世界自然遺産に登録されました。いわば島そのものが世界遺産といっても過言ではありません。

火山と雨がぶつかり合ってできたこの景観は独特です。かつて島を作り上げた火山本体のうち、固い部分は針のような峰々や、縁が切れ落ちた巨大な台地状の山となって、険しい姿を残しています。また、かつての底面に近い部分は円形の峰に縁どられ、囲まれた平地(圏谷)として、山中で人が暮らせる場所となり集落や小さな町が形成されています。雨水がもたらす膨大な量の水は皺のようにいくつもの深い谷を穿ち、その川筋には必ずと言っていいほど落差のある滝や滝壺が形成されています。島を横断、または縦断して見渡すと、海岸線と3つある圏谷の底の平地を除き、アップダウンがこれでもか!というほど繰り返された、ノコギリの歯のような地形になっているのがわかります。世界中にここと近い地形の場所を探すと、成立過程も似通っているハワイ諸島になりますが、その荒々しさはより雨が多いためか、レユニオンの方に軍配が上がります。

ガレ川が削った谷と針峰が立ち並ぶ、マファテの圏谷
ガレ川が削った谷と針峰が立ち並ぶ、マファテの圏谷
滝壺で泳ぎ、その水を飲むこともできるアルク・アン・シェル滝
滝壺で泳ぎ、その水を飲むこともできるアルク・アン・シェル滝

150を数えるトレッキングコース

レユニオン島には長・短、ハード・お気楽、合わせて150ものトレッキングコースがあります。最高峰を極める、雄大な圏谷を見下ろす、川筋を詰めていき滝壺から眺める滝を目指す、風光明媚な海沿いの散歩道…、状況さえ許せば活動中の活火山の火口を見下ろす極めつけのコースまで、好みと時間に合わせてチョイスは自由です。まさに「トレッキング天国」。宿泊が絡む場合でも、自らテントを担いで自炊しながら歩けるコースや、全てが揃った山小屋で快適に宿泊しつつ歩けるコースまであります。

ピトン・デ・ネージュ小屋への峠から見下ろすシラオスの街
ピトン・デ・ネージュ小屋への峠から見下ろすシラオスの街
溶岩柱の下の柔らかい土壌が削られてできた天然のアーチ
溶岩柱の下の柔らかい土壌が削られてできた天然のアーチ

私もあちこちの山を歩いてきましたが、この島のコースは時間さえ許せば歩いてみたいものばかり。一般的なトレッカーの方々にオススメできるのはもちろんですが、火山マニアの方々には特にオススメです。火山大国・日本では、国内の有名な火山の近くには必ずと言っていいほど「火山博物館」があり、その形成過程から噴火のメカニズムまで、ジオラマを見ながら学ぶことができます。ここでは、そのジオラマがそっくりそのまま実物に置き換わったような景観。初期の活火山状態の山から、山体崩壊した台地状の地形、それを雨水が川となって削り谷を穿っていく様子、冷えた溶岩が剥き出しの荒地と、その荒地を生命力旺盛な植物たちが覆っていく過程まで、リアルに段階を追って知ることができます。しかもスケールが半端なく大きい!写真に収めてしまうと、あの雄大さが表現できず、味気ないものになってしまうのですが、眺めているだけで遠近感が狂ってくるような奥行きの深さは、ぜひ実際に歩いて味わっていただければと思います。しかもこの島、食事(クレオール料理)も酒(ラム酒)もすこぶる美味く、人々も穏やかで優しい!まだまだ知名度の低い島ですが、海外の山歩きが好きな方々、ぜひ次の行き先はレユニオンへ!

羽鳥

ナイロビ ダイアリー no.18 霊峰ケニア山

ナイロビ駐在の最終任期となった今年、
ケニア暮らしの記念のようなものを残したく、
アフリカ大陸で2番目に高い山「ケニア山」に挑戦した。
「アフリカ大陸で一番高い山はキリマンジャロだが、
一番困難な山はケニア山である」。
こう例えられるケニア山の魅力を少しでもお伝えできたらと思う。

ケニア山(Mount Kenya)とは

お隣のタンザニア共和国には、かの有名なアフリカ大陸最高峰のキリマンジャロがある。その陰に隠れてしまい、2番目に高いケニア山を訪れる人は多くないが、ケニア山も標高5,199m。ケニア共和国のほぼ中央にそびえる堂々とした高峰だ。

実は、「ケニア山」はケニア共和国の国名の由来でもある。かつて、この山は地元のマサイやキクユの人々に「キリニャガ(Kirinyaga)」と呼ばれていた。「神の住む地」という意味で、神聖な山として崇められてきた。その後、ヨーロッパ人によってこの土地が征服され、地元の言葉である「キリニャガ」を上手く発音できなかった彼らは「ケニア」と呼び、山の名前も「マウンテン・ケニア」とシンプルな呼び方にしてしまった。そして、1963年にイギリスからの独立を果たし、正式にケニア共和国が樹立された際に、「ケニア山」から国名をいただいたというわけだ。

なだらかで雄大なフォルムのキリマンジャロに比べ、天を衝くかのように切り立って尖った山頂、一目見ただけでその格好良さに惚れ惚れしてしまう。聖地として崇められていた場所にふさわしい威容を持ったケニア山。ぜひ、多くの方に訪れていただきたいと願ってやまない。

3つの険しい山頂

ケニア山には第一峰バティアン(5,199m)、第二峰ネリオン(5,189m)、第三峰レナナ(4,985m)と、3つの山頂がある。もちろん、最も高いバティアンを目指したいところだが、第一峰バティアンと第二峰ネリオンは、5,000mエリアでの高度なロッククライミング技術が必要となり、挑戦する事すら困難。一般的には第三峰レナナに登ることでケニア山登頂となる。頂上を目指すには7ルートあるが、挑戦したルートはシリモンルートを登り、第三峰レナナを目指し、ナロモルルートを下るという全部で4泊5日間、テント泊のルートだった。

満点の星空と静寂の中で眠る
満点の星空と静寂の中で眠る

レナナ峰への行程

キリマンジャロ登山の経験もあったので、登る前は「レナナ峰に登頂する」こと以外にさしたる興味を抱いていなかった。しかし、ケニア山の魅力は山頂に至るまでの行程そのものにあった。ゲートをくぐり豊かな森林地帯を歩いていると、バッファローやガゼルの姿がちらほら。小1時間ごとに景色が移り変わり、目まぐるしく変化する様々な植物や花が出迎えてくれる。氷河によって削られた険峻な谷底を流れる無数の小川を超え、アップダウンを繰り返しながら登っていくと、いつしか周囲は荒々しく尖った峰々に囲まれている。岩壁をよじ登るような登攀技術こそ必要ないものの、足が竦むような切り立った崖、手をつきながらそろりそろりと歩いていると、急に眼前には雄大な氷河が姿を現す。夜明け前の暗がりの中、神秘的に青白く輝く氷河の脇を抜けて、レナナ峰へと辿り着いた。

溶けそうなほど緑が深い森
溶けそうなほど緑が深い森
次々と姿を変える神秘的な植物群
次々と姿を変える神秘的な植物群
あまりの美しさに足を止める
あまりの美しさに足を止める
最奥部に聳えるバティアン峰&ネリオン峰
最奥部に聳えるバティアン峰&ネリオン峰

ケニアへの足跡

登頂まで3泊4日と短めの山行だったが、4日間という時間の大自然の景観のなんと濃密なことか。今でも、ナイロビの埃と喧騒の中に居てさえも、ふとした瞬間に、あの偉大な山の懐に抱かれていた時間に思いを馳せることができる。

当初はケニア暮らしの記念に…くらいの気持ちだったが、霊峰ケニア山を自分の体で知ったことで、ケニアという国への想いも深まったような気がしている。小さな一歩だが、自分の足跡を残させてくれたケニア山、滞在中揉まれに揉まれたナイロビの街、泣き笑いあったケニアの友人たち、この国のすべてに感謝する今日この頃だ。

優しくも厳しい山岳ガイドさん
優しくも厳しい山岳ガイドさん

生野

アフリカ絵日記その17 旅行者が目にする風景とは?

ザンベジ川を渡ってジンバブエからザンビアへ入国。暑い。安宿のベッドは夜まで熱を持っていて、横になるだけで汗が出る。仕方ないので、ホテルなのにコンクリートの地面にゴザを敷き、その上に寝転がり、濡れタオルを裸の腹の上に乗せて寝た。これではキャンプのほうが快適かもしれない。

ザンビアでは大きな町を通ることはなく、田舎町だけを走る日々が続いた。レストランで食べられる食事はシマ(ウガリ)定食のみ。昼にシマを食べたら夜はもう食べたくない。市場で買った豆の缶詰のほうがマシだぜ。そんなことを言うのは贅沢なボヤキだった。この典型的なアフリカン定食が普通に食べられるのは、実はもう最後のチャンスだったのだと後日、思い知ることになる。

やがてビクトリア・フォールの拠点の町、リビングストンに到着した。町には巨大スーパーマーケット、ファーストフード店が並ぶ。そして突然降って湧いたように現れた白人バックパッカーの群れ。彼らのザックは埃にまみれ、かなり長い間アフリカの旅をしているように見える。でも、今まで彼らはどこを旅していたんだろう?自転車旅行をしていると、普通の旅行者やバックパッカーにほとんど会わない。彼らが目にする風景は、僕のそれとはずいぶん違うんだろうな。いい意味でも悪い意味でも。今まではこのような都市を出ると、再びアフリカンな食生活の風景にすぐに戻った。でも今回は違った。この町を出ると、ウガリやシマを出すような食堂はもう見られなくなった。

文・画 吉岡健一