ハネムーン・レポート『ケニアサファリとザンジバルビーチ手配旅行』

2017年4月2日出発のハネムーン手配旅行でケニアのマサイ・マラ国立保護区とタンザニアのザンジバル島に行かれた、吉田様ご夫妻からのレポートです。

ナイロビに着くと、菊地さんが笑顔で迎えてくれ英語が苦手な私たちはホッとしました。ホテルまではドライバーが送ってくれました。空港を出てすぐにケニアの人々の中にシマウマがいました。あまりにもナチュラルにシマウマがいたため、『シマウマ!シマウマ!シマウマ!』と叫ぶだけで写真撮ることも忘れケニアに来たんだなとうれしくなりました。ホテルもとてもきれいで部屋にはサプライズのケーキやワインを用意してくれていました。部屋からはナショナルパークが見え、二人で双眼鏡を覗いて動物を何時間も探していました。

次の日、マサイマラ国立保護区に行きました。降りると周りには草食動物がたくさんいました。その時点で大興奮。ホテルまで行く間にドライバーが『ダチョウがいるよ』『ぞう』など動物を見つけてくれては教えてくれました。牛や羊まで撮っていたため、『うそだろ~そんなのまで撮るの?』と笑われました。確かに4日滞在しましたが最終日には羊や牛にはカメラを向けることはなかったです。笑

ロッジに着くと、チョウさんと呼んでね!と支配人が温かく迎えてくれました。ロッジまではマサイ族の方が笛を吹きながら案内してくれました。部屋の前には川がありカバの鳴き声や鳥の鳴き声など自然の音が心地よかったです。

ゲームドライブでは、間近でライオンや豹などの肉食動物を見ることができて迫力満点でした。毎回違う景色や動物の表情を見ることができて、気づくと6時間経っていることもざらでした。疲れている感覚はないのですが、毎回21時過ぎには強烈な眠気が襲い掛かり爆睡。朝は紅茶とクッキーなどを持って起こしに来てくれ、カバと朝日を見ながらのモーニングティーは格別でした。

また、行った時期がベビーラッシュの時期と重なり多くの赤ちゃんを見ることができました。オスライオンは1日しか見ることができませんでしたが、迫力がありました。

ホテルでの食事はどれもおいしく、地ビールや食事に合わせたワインを飲みながら楽しむことができました。マサイマラ滞在初日の夕食ではサプライズでダンスとケーキのプレゼントをいただきました。色々な方におめでとうと声を掛けていただき本当にうれしく楽しい思い出となりました。

毎日違う出発時間や見ることができる動物が違い、毎日が刺激的でした。豹の捕まえたエサは見つけたのですが、なかなか豹が現れず、何時間も待ちました。みんなトイレに限界が来てしまい豹が近くにいるであろう場所で用を足した時が一番ドキドキでした。しかし、待ったおかげでいろいろな表情の豹を見ることができました。

マサイ族の村では一緒にジャンプしたりダンスしたりして楽しみました。

マサイマラからナイロビに戻り、ザンジバル島へ。飛行機が遅れ深夜に着きましたが、ドライバーさんが優しく迎えてくれました。ストーンタウンでの1泊はフロントでサインをし部屋に行くと従業員さんが部屋に入ってきて『さぁ向き合って!』といって、お花で作った指輪を差し出し、『セレモニーだよ』とこれまた素敵なサプライズをしてくれました。

ヌングイの砂浜は真っ白で目を開けることができないぐらいまぶしかったです。1日がゆったりと流れ、素敵な時間を過ごすことができました。雨季だったため、雨が降っては晴れての繰り返しのおかげで虹も見ることができました。

ハネムーンをアフリカにしてよかったと思っています。帰りの飛行機では道祖神さんのページを見て二人で次の候補を探していました。何度でも行きたい旅となりました。

◆アフリカでハネムーン&ウェディング 特集ページ