世界の食文化11 アフリカ

アフリカ書籍の紹介「世界の食文化11 アフリカ」

著車:小川 了
出版:農山漁村文化協会

今回ご紹介する本は「世界の食文化11 アフリカ」!
11とあるのは全21巻のシリーズになっているからなのですが、
どれも非常に「濃い」内容のラインナップになっています。

この第11巻のアフリカですが、ただ各国の食を載せたものではなくてアフリカの地理から民族の多様性、雑穀からフーフー、アチェケからウガリまで網羅。

そして「狩猟採集民の食」という、サン族とピグミー族の
食のあり方を取上げていまして、さらにお酒に関しても詳しく紹介されています。

アフリカの中でも、セネガルとエチオピアの2カ国をピックアップして調味料やお米の炊き方も独特で、見ているときっとこの料理を食べたくなることでしょう。

著者の「食の三原則」。是非ご覧下さい!

農文協から2004年の10月に出版された本ですが、
図書館には殆ど置いてあると思います。

http://www.ruralnet.or.jp/zensyu/worldfoods/11.html

by 久世