アフリカカルチャー講座「アフリカン・アートミュージアムと薮内正幸美術館を訪ねる1日」

11月10日(土)、アフリカカルチャー講座「アフリカン・アートミュージアムと薮内正幸美術館を訪ねる1日」に行ってまいりました。「アフリカン・アートミュージアムに行きたいけど場所柄なかなか行く機会がなくて」というお声もあり、昨年に続き第二弾の企画です。最高のお天気に恵まれ、紅葉も素晴らしく、気持ちのいい日帰り旅行となりました。

館長・伊藤さんによるギャラリートーク。
館長・伊藤さんによるギャラリートーク。
ミュージアムの前で集合写真。
ミュージアムの前で集合写真。
八ヶ岳周辺は紅葉のピークを迎えていました。
八ヶ岳周辺は紅葉のピークを迎えていました。

アフリカンアートミュージアムは現在「AFRICAN MAJESTY~アフリカの威厳」というテーマの展示でした。館長・伊藤さんのギャラリートークは現地の人たちの思想と深く関わるアートのお話など、アフリカへ行ってもなかなか聞くことのできない内容でとても勉強になりました。それにしても本当にアフリカの人たちの発想には驚かされます。ミュージアムの入り口の紅葉がとても綺麗だったので集合写真を一枚。こんなふうに真っ赤な紅葉が見られるのは1週間だそうです。

その後は白州ベルガで新鮮な野菜をメインにしたランチを頂き、薮内正幸美術館へ。日本で唯一動物画を専門にした美術館だそうですが、一軒家を改造したような温かい雰囲気の美術館で、薮内正幸さんの描かれた絵、絵本、再現された薮内さんの書斎など動物好きの方なら惹かれるものばかりです。薮内さんはアフリカンにも行かれてアフリカ動物の絵を描かれていますが、書斎にずらり並んだ40年以上前のアフリカの本には釘付けになりました。

薮内正幸美術館
薮内正幸美術館
明るい館内には薮内さんが描いた鳥や動物の絵が展示されています。
明るい館内には薮内さんが描いた鳥や動物の絵が展示されています。

こんなふうにちょっと遠出のアフリカカルチャー講座をまた企画できればと思っています。ご参加くださった皆様、ありがとうございました!

紙田