2018.9.4発 道祖神40周年記念ツアー 南部アフリカ一周オーバーランド 40日間(後半)

9月4日に日本を出発し、南アフリカ、エスワティニ(旧スワジランド)、レソト、ナミビア南部を走破して、ナミビアの大西洋岸の港町スワコプムントに延泊滞在中のグループに追いついて同行の弊社スタッフの荒木と交代、後半の20日間を同行させていただきました。

既に3カ国と4カ国目のナミビア南部を通過してきたご参加者の皆さんは、チームワークもとれ、キャンプ暮らしにもある程度慣れており、この旅で最も長い滞在日数のナミビアの後半とボツワナ、そしてゴールのジンバブエ・ビクトリアの滝へと、なだれ込んでいきました。

サンの人々が描いた世界遺産の線刻画
サンの人々が描いた世界遺産の線刻画
感想が激しく、気温も高く、動物は水場に集中します
感想が激しく、気温も高く、動物は水場に集中します
ゾウが現れるとその圧力で水場を独占
ゾウが現れるとその圧力で水場を独占
水場の畔にはハネムーン中のライオンカップルも
水場の畔にはハネムーン中のライオンカップルも
遥か彼方まで広がるエトーシャ・パン
遥か彼方まで広がるエトーシャ・パン

ナミビア最大の見どころはもちろんナミブ砂漠ですが、すでに訪問済みですので、後半のナミビアルートは大西洋岸から北上し、かつてダマラランドと呼ばれた荒々しい大地を走って北部を周遊し、首都のウィントフックに戻って、ボツワナへと国境を越える7日間です。定番コースはエトーシャ国立公園とアザラシの繁殖地のケープクロスを訪問しますが、今回はあえてケープクロスには訪問せず、世界遺産の岩画があるトワイフェルフォンテーンと砂漠ゾウが生息するパームバッハ、そしてヒンバの人々の村があるカマンヤップを訪問し、エトーシャに向かいました。野生動物だけでなく、景観、人々の文化、古の遺産と、この部分だけとってもナミビアは多彩な見どころがあることがわかります。ウィントフックで久々の都会を眺めて、ボツワナへ。

ボツワナ、マウンのキャンプサイト。Wi-Fiも接続可能
ボツワナ、マウンのキャンプサイト。Wi-Fiも接続可能
オカバンゴ・デルタ奥地への足、丸木舟のモコロ
オカバンゴ・デルタ奥地への足、丸木舟のモコロ
自然の音しかしない静かな水路を行きます
自然の音しかしない静かな水路を行きます
夕方は水面に反射した美しい夕日が見られます
夕方は水面に反射した美しい夕日が見られます
デルタの島でネイチャーウォーク
デルタの島でネイチャーウォーク
バオバブの木の向こうに沈む夕日
バオバブの木の向こうに沈む夕日
クワッドバイクでマカディカディ・パンの一部、ントウェトウェ・パンへ
クワッドバイクでマカディカディ・パンの一部、ントウェトウェ・パンへ
果てしなく広がる塩の平原
果てしなく広がる塩の平原
近づいても逃げない人に慣れたミーアキャット
近づいても逃げない人に慣れたミーアキャット
ナイ・パンのシンボル、ベインズ・バオバブの木の下で一休み
ナイ・パンのシンボル、ベインズ・バオバブの木の下で一休み
キャンプ場の水場にひっきりなしにやってくるゾウ
キャンプ場の水場にひっきりなしにやってくるゾウ
チョベ川ではのんびりとボートクルーズ
チョベ川ではのんびりとボートクルーズ
ボートからならではの近距離で見られるゾウ
ボートからならではの近距離で見られるゾウ
甲羅干し中のナイルワニ
甲羅干し中のナイルワニ

荒々しい大地と岩山が広がるナミビアから一転、ボツワナ入国後は起伏がほとんどない真っ平らな、広大なブッシュがどこまでも広がります。そして、道も未舗装路の多かったナミビアから、舗装道路ばかりに変化していきます。ボツワナでの見所は、世界最大級の塩の平原マカディカディ・パン、これまだ世界最大の内陸デルタのオカバンゴ・デルタです。それに加え、ナイ・パンでは深い砂の道を抜けてのサファリと有名なバオバブ見学、そしてチョベ川でのサンセット・クルーズです。ご希望の方はオプショナルでチョベ国立公園でのサファリも。旅の最後半に差し掛かり、皆さんの疲れも徐々にピークに達し、体調を崩される方もいらっしゃいました。

陸路8852キロの最終地点、ビクトリア・フォールズ
陸路8852キロの最終地点、ビクトリア・フォールズ
ドライバーのヘンリーの奥さんが作ってくれた記念のケーキ
ドライバーのヘンリーの奥さんが作ってくれた記念のケーキ
素朴ながら美味しいジンバブエの家庭料理
素朴ながら美味しいジンバブエの家庭料理

そして最後の国境を越え、ゴールとなるジンバブエのビクトリア・フォールズへ。お決まりの滝の見学から始まり、丸1日の滞在日で様々なアクティビティに参加される方、最後の買い物に精を出す方、ホテルでのんびり過ごされる方、それぞれの旅の終わりを過ごされていました。ここまで38日間同行してくれたドライバーのヘンリーとそのご家族の招きで、ご参加の皆さんそしてコックのイスラエルとともにヘンリーの奥さんの手料理をいただき、充実した旅の終わりとなりました。40日間という長丁場の旅ながら、大きく体調を壊す方なく、途中で離団する方なくゴールできたのも、ご参加者の皆さんと2人の現地スタッフのお陰です。感謝!

オーバーランド・トラック「ザ・ビースト」2019年の30日間でも利用予定です
オーバーランド・トラック「ザ・ビースト」2019年の30日間でも利用予定です
立派な髭のドライバーヘンリーとコックのイスラエル
立派な髭のドライバーヘンリーとコックのイスラエル

2018年は弊社の設立40周年の年ということで、40日間の特別版オーバーランド・ツアーを企画しましたが、2019年もすでに次のオーバーランド・ツアー30日間の企画を発表しました。内容もコースも大幅に手を加え、リニューアルしつつ、ワイルドなアドベンチャー・トラックでの旅は変わりません。ありきたりな旅には飽きたという皆さん、ぜひご参加ください!

羽鳥

2018.9.4発 道祖神40周年記念ツアー 南部アフリカ一周オーバーランド 40日間(前半)