2018.8.10発 ケニア・サファリ・ハイライト 10日間

ケニアのベストシーズン8月に「ケニア・サファリ・ハイライト10日間」に同行させていただきました。1か月前の7月にも同じツアーに参加させていただきましたが、一面トピだらけだったマサイ・マラはヌーの大群で埋め尽くされ、川渡りの本番ムードが漂っていました。

マサイ・マラに集まるヌーの群れ
マサイ・マラに集まるヌーの群れ

ツアーの初めに訪れるアンボセリ国立公園。ゲートを通ると待っていましたかのように、立派な牙を持つゾウがお出迎え。

この時期にだけ生える栄養豊富な草を求めゾウの大群が訪れます。
この時期にだけ生える栄養豊富な草を求めゾウの大群が訪れます。
日中は水を求めて湿原へ。
日中は水を求めて湿原へ。

鼻を使って遊んだり、耳を広げたり、うとうとと寝ていたり。時間が経つのを忘れて見入ってしまいます。

キリマンジャロとシマウマ
キリマンジャロとシマウマ

サファリ中は、キリマンジャロも顔をのぞかせてくれました。同じ8/10に日本を経った弊社のキリマンジャロ登山ツアーの方々が無事に登頂できるように祈りを込めて。

火おこし披露中!
火おこし披露中!

アンボセリでは、マサイ村も訪問。あっという間に火を起こすマサイの戦士たち。彼らの家作りや伝統薬に、皆さん興味津々です。

さて、ベストシーズンというこの時期のサファリはというと。

ナクル湖では珍しい雄ライオンに遭遇!

丘の上から、湖畔のヌーやインパラの様子をうかがい、ゆっくり、ゆっくりと湖の方に向かって歩いていきました。

少し痩せておりお腹を空かせているようにも見えます。残念ながらハンティングは逃してしましましたが、この後、無事、食糧(ヌーの子ども)を手に入れることができたようです!

仲良くお食事中のシロサイの親子。
仲良くお食事中のシロサイの親子。
なんだか眠たそうなバッファローじいさん。
なんだか眠たそうなバッファローじいさん。
ハイソックスが特徴のロスチャイルドキリン。
ハイソックスが特徴のロスチャイルドキリン。
獲物を狙うサンショクウミワシ。
獲物を狙うサンショクウミワシ。

マサイ・マラに続く舗装道路は、1か月前よりもさらに3kmほど伸び、未舗装路が短くはなっていたものの、乾期のこの時期の砂埃はまさに、パリダカ?なみです。視界を遮るほどの砂埃を抜けてたどり着く、動物の王国マサイ・マラ。1500kmもの距離を1年で往復するヌーの大群がお出迎えです。

前に続け続けと行進するヌーたち。
前に続け続けと行進するヌーたち。
ヌーを仕留めたチーター兄弟。
ヌーを仕留めたチーター兄弟。
さっきまで居眠りしていたライオンもハンティング。
さっきまで居眠りしていたライオンもハンティング。
そして、また茂みでお休みです。
そして、また茂みでお休みです。
2日連続で出会ったお昼寝中のハネムーンライオンカップル。
2日連続で出会ったお昼寝中のハネムーンライオンカップル。
2日目も奥様は旦那さんの横でお昼寝中。なんともよく寝る奥さんです。
2日目も奥様は旦那さんの横でお昼寝中。なんともよく寝る奥さんです。

そして、私たちも木陰でお休みです。

遠くの方にはヌーの群れ。どこまでも続く地平線を眺めながらのランチタイムはなんとも贅沢です。

水を求めて、移動するキリンとヌーの群れ
水を求めて、移動するキリンとヌーの群れ
マラ川で日課の水浴び中のカバの家族。
マラ川で日課の水浴び中のカバの家族。
最終日に、ロッジから眺めた大きく、温かく、力強いアフリカの夕日。
最終日に、ロッジから眺めた大きく、温かく、力強いアフリカの夕日。

10日間で3つの公園を巡る弊社ベストセラーの「ケニア・サファリ・ハイライト」。いつ訪れても動物との出会いは一期一会です。

なかなかお休みが取りづらいという方には、年末スペシャルとして限定ツアーもご用意しております。

【特別企画】ケニアで年越しサファリ! 6日間

1年の締めくくり、始まりをアフリカの大地で迎えてみてはいかがでしょうか。

根本

ケニア・サファリ・ハイライト 10日間