2018.5.10発 山形豪さんと行く タンザニア・セレンゲティとンゴロンゴロ写真撮影ツアー 10日間

2018年5月、タンザニアのセレンゲティとンゴロンゴロ・クレーターへのツアーを行った。

5月は現地の雨季にあたる。サファリは一般的に乾季がベストシーズンと言われているが、私は雨季の方が好きだ。理由はいくつかある。まず雨季は動物たちのコンディションがよく、活性が高い。草と水が豊富にある時期は草食獣たちにとってもっとも過ごしやすい時期であり、子育てに勤しむ種も多い。草食獣の子供が多いということは、肉食獣にとっても獲物が多いことを意味する。実際、今回はヒョウがヌーの子供を捕らえる場面に遭遇した。二つ目に、景色が綺麗で空気の透明度も高いため写真を撮る上で非常に都合がよい。様々な花も咲いているので彩りも豊かになる。そして三つ目に雨季はローシーズンと思われているため、セレンゲティのような知名度の高い場所でも比較的人が少なく、ゆったりと過ごすことができるのだ。

一通りの動物をとにかく見たいだけであれば、草丈が短く水場に多くの種が集まる乾季の方が手っ取り早いのは間違いない。しかし、写真に主眼を置くとなると、空気が埃っぽく、ほとんどの草木が枯れているため景色に黄色か茶色が大半で、さらに動物たちがエネルギーを温存するために極力動かないようになる季節というのは決して理想的とは言えない。私にとってのセレンゲティのベストシーズンは間違いなく雨季だ。

今回は実に多くのライオン、そしてヒョウのみならずチーターの狩りも見たし、セレンゲティで見られる草食獣の大半は撮影に成功した。また、ダイナミックな雨雲や大きな夕日など、動物以外の部分でも大自然を大いに堪能することができた。

セレンゲティ国立公園の入り口
セレンゲティ国立公園の入り口
大きなオスのアフリカゾウにも大接近
大きなオスのアフリカゾウにも大接近
サバンナの上空に浮かぶ大きな雨雲
サバンナの上空に浮かぶ大きな雨雲
雨季は花々も綺麗
雨季は花々も綺麗
日向ぼっこするコビトマングースの家族
日向ぼっこするコビトマングースの家族
ピクニックサイトでの朝食
ピクニックサイトでの朝食
ロッジの近くにいたキリンの群れ
ロッジの近くにいたキリンの群れ
母親の背中に乗るヒヒの子供
母親の背中に乗るヒヒの子供
獲物を見つけ、木から降りてくるヒョウ
獲物を見つけ、木から降りてくるヒョウ
ヌーの子に襲いかかるヒョウ
ヌーの子に襲いかかるヒョウ
ガゼルに狙いを定めダッシュするチーター
ガゼルに狙いを定めダッシュするチーター
平原をゆくヌーの群れ
平原をゆくヌーの群れ
巣穴から出てきたブチハイエナ
巣穴から出てきたブチハイエナ
ライオンのハネムーンカップル
ライオンのハネムーンカップル
セレンゲティ南部の平原地帯
セレンゲティ南部の平原地帯
ピクニックサイトのツキノワテリムク
ピクニックサイトのツキノワテリムク
サバンナでの記念撮影
サバンナでの記念撮影
草むらの中のライオン親子
草むらの中のライオン親子
マガディ湖の大フラミンゴ
マガディ湖の大フラミンゴ
ロッジの丘でカクテルを飲みながら夕日を撮影
ロッジの丘でカクテルを飲みながら夕日を撮影
セレンゲティ・セレナ・ロッジの部屋の外観
セレンゲティ・セレナ・ロッジの部屋の外観
ロッジの食事は品数の多いビュッフェ形式
ロッジの食事は品数の多いビュッフェ形式
緑で溢れるンゴロンゴロ・クレーター
緑で溢れるンゴロンゴロ・クレーター
ピクニックサイトではカバも撮影できる
ピクニックサイトではカバも撮影できる
クレーターにはケープバッファローも多い
クレーターにはケープバッファローも多い
サファリカーには目もくれず道を進むライオンたち
サファリカーには目もくれず道を進むライオンたち

◆山形豪さんと行く タンザニア・セレンゲティとンゴロンゴロ 写真撮影ツアー 10日間