2017.12.29発 タンザニア・キャンプ・セレンゲティ 10日間

年末年始に同行させていただきました「タンザニア・キャンプ・セレンゲティ 10日間」ツアーのご報告です。

マニャラ湖国立公園、セレンゲティ国立公園、ンゴロンゴロ国立保護区の3カ所でキャンプをしながらサファリです。

はじめにサファリをしたマニャラ湖国立公園では、ゾウの親子が上手に鼻を使い草を掴んだり、口に運ぶ様子やムシャムシャと食む音をとても近かったので、邪魔をしないように静かに、そして、ドキドキしながら様子を観察。

マニャラ湖をサファリ中、日本時間で新年を迎えました!

マニャラ湖国立公園の次は、果てしなく続サバンナの広がる、セレンゲティ国立公園!!シマウマたちが迎えてくれました!?

キリンが水を飲む姿!!首が長いので、水を飲むのも一苦労。

悪者にされがちなハイエナ。実際に見るとめちゃくちゃかわいい!(と思うのは私だけでしょうか?)

こちらは気持ちよく寝ているライオンの子ども。虫が多い季節には、木の上で過ごすことが多いそう。

今回のツアーではチーターと出会う確率が高かったように思います!
時速100キロで獲物を狙うチーターは速く走るためにしなやかな体付き。

ツアーの時期は雨季が終わるころでしたが、お天気は早朝から雨が降る日も少なくありませんでした。

増水した川にも、よーく見るとカバたちが!

生まれて間もないインパラの赤ちゃんに遭遇!!生まれて間もないというのに、観察している数十分の間に母親の周りをウロウロ、しっかり歩いていました!たくましい!

最後は、クレーター内のサファリができるンゴロンゴロ自然保護区へ。

南北16キロ、東西19キロのクレーター内には、森林エリア、サバンナエリア、湖など植生に富んでいます。

森林エリアでは、バブーンの親子を発見。「よいしょ!」という声が聞こえてきそう。

こちらをじーっと見ているデファッサーウォーターバックのメス。

ライオンのオスは立派なタテガミをなびかせていました。

走る姿が愛らしいイボイノシシの子どもたち。

ほとんどがキャンプなので、もちろん宿はテント!雨がテントに当たる音で目が覚めたり、雨漏りしたり、浸水被害になってしまったりと雨のハプニングもありましたが、サファリはサイは遠くて目を凝らしても見難かったのですが、ビッグファイブ達成!

スタッフと一緒にテント張り!

キャンプ場にお客さんが!バッファローも来ていました。

私たち専属のコックさんが作る料理も楽しみの一つのキャンプ!タンザニア料理や工夫を懲らしたコックさんオリジナル料理は好評でした!

最後はツアー中にお世話になったスタッフとパシャリ!

ご参加いただいた皆様、アサンテサーナ!

アフリカの大自然を肌で感じることのできるキャンプツアーお勧めです!

■タンザニア・キャンプ・セレンゲティ 10日間

伊藤