2016.08.15発 レユニオン&モーリシャス 西インド洋のクレオール・アイランドをめぐる 10日間

8月5日からレユニオンとモーリシャスを訪れるツアーに同行させていただきました。レユニオンと聞いて、あまりピンと来ない方もいらっしゃるかもしれませんが、マダガスカルの東500km、モーリシャスからだと南西に200kmにある、小さな火山島です。この島は、フランスの海外県になっていて、法律や様々なルールは、フランス本国に準じています。

そこに暮らす人達は、クレオールと呼ばれる入植者(フランス)とアフリカ(主にマダガスカル)やインドにルーツを持つ混血の人達が多く住んでいるため、人々の雰囲気は、アフリカそのもの。

先進国のインフラとアフリカの人当たりの良さを良い所取りしたような印象を受けました。

そして、特筆すべきはこの島の景観。2つの火山と3つの圏谷が含まれた実に島の面積の40%以上が、世界自然遺産に登録されています。

空港のあるレユニオン最大の町、サン=ドニ
空港のあるレユニオン最大の町、サン=ドニ

ツアーで最初に訪れたところは、島の中央部に広がる原生林ベローブの森。

固有の植物も多く生息する豊かな森です。

ハイキングコースは、木道がしっかりと敷かれて歩きやすく、とても気持ちが良いです。

森の中には熟したストロベリーグァバがたくさん実っていました。甘酸っぱく美味しいので、みなさんたくさん試食。

整備された木道を歩きます
整備された木道を歩きます
甘酸っぱいストロベリーグアバ(和名は、てりばばんじろう/照り葉蕃石榴)
甘酸っぱいストロベリーグアバ(和名は、てりばばんじろう/照り葉蕃石榴)
ストロベリーグアバを試食
ストロベリーグアバを試食
巨大なシダなどが生い茂る豊かな森
巨大なシダなどが生い茂る豊かな森

この日の目的の滝のビューポイントに到着するも、あいにく霧がかかっていて何も見えませんでしたが、切れ間から少し渓谷を見ることが出来ました。

Le Trou de Fer(鉄の穴)という名前を持つ、島を代表する名瀑
Le Trou de Fer(鉄の穴)という名前を持つ、島を代表する名瀑
島の中央は、至る所に深い渓谷が見られます
島の中央は、至る所に深い渓谷が見られます

翌日は、今も活発に活動を続けているフルネーズ火山の見学。活動の如何によっては、第2外輪から火山へと続くゲートが閉められているのですが、この日は、開いており、降りることができました。

フルネーズ火山のハイキングルート
フルネーズ火山のハイキングルート
現在も活発に活動を続けるピトン・デ・ラ・フルネーズ
現在も活発に活動を続けるピトン・デ・ラ・フルネーズ
火山活動の状況に応じて閉鎖される第2ゲート
火山活動の状況に応じて閉鎖される第2ゲート

ちなみに訪問から1か月後には噴火して、溶岩が海まで流れ出たようです。

ちなみにこの火山は、盾状火山で、粘性の低い溶岩のため、火山弾などが噴出することはなく、噴火すると国内ではお祭り騒ぎ。

海へ流れ落ちる溶岩を見る見物客で道路は大渋滞になるそうです。

火山見学後は、レユニオン最古のラム酒蒸留所、イゾティエ蒸留所を訪問。ラム酒を試飲し、ほろ酔いで、本日の目的地、シラオスを目指しました。

レユニオン最古のラム蒸留所、イゾティエ
レユニオン最古のラム蒸留所、イゾティエ

シラオスは、レユニオンに3つある圏谷の中にある町です。

この町はもともと、この島に奴隷として連れて来られた人たちが、その過酷な環境から逃げ出し、周囲が1000m以上の高低差のある断崖に囲まれたこの圏谷に、隠れるように暮らしていたのが始まりだそうです(実際にはもう少し南側に集落があったそうですが)。

その後、この辺りは、温泉が出たために、支配者階級の人達の保養地として重宝され、だんだんと町が形成されていきました。

今では、ふもとから町まで舗装道路が敷かれており、アクセスが楽になりましたが(それでも凄まじいワインディングロードでしたが)、その昔は、奴隷の人達の担ぐ籠や、またロバで山道を登り、この町を訪れていたそうです。

現在は、街並みもとても綺麗で、レユニオンを訪れる多くの観光客が立ち寄る、観光の町として賑わっています。雰囲気も素晴らしく、もう少し滞在したかったと、参加者の方からお声もいただきました。

レユニオン最高峰、ピトン・デ・ネージュ(雪の峰の意味)
レユニオン最高峰、ピトン・デ・ネージュ(雪の峰の意味)
3つの圏谷の一つシラオスの町
3つの圏谷の一つシラオスの町
入植時代から建つ歴史ある教会
入植時代から建つ歴史ある教会
ドードーのデザインが愛らしいブルボンビール
ドードーのデザインが愛らしいブルボンビール
雰囲気の良いシラオスの街並み
雰囲気の良いシラオスの街並み
町の人達が利用するマルシェ
町の人達が利用するマルシェ
日本では見慣れない果物も並びます
日本では見慣れない果物も並びます
ホームメード感あふれるラム・アランジェ(フルーツ漬けのラム酒)
ホームメード感あふれるラム・アランジェ(フルーツ漬けのラム酒)

その後は、場所を移動して、島の西海岸へ。

この国は、山だけではなく、マリーンライフも楽しむことができます。残念ながら少し肌寒く、泳ぐにはまだ少し早い感じでしたが。

レユニオン観光のハイライトは、ヘリコプターによる遊覧飛行です。

起伏に富んだ島を上空から眺めるのは非常にダイナミックで、深い渓谷の間を抜けるのは、なかなかスリリングでした。

それでも、軽飛行機の遊覧飛行と比べると揺れも少なく、快適な乗り心地でした。

安定感のあるヘリコプターフライト
安定感のあるヘリコプターフライト
空からのダイナミックな風景は圧巻
空からのダイナミックな風景は圧巻
綺麗なラグーンが広がっています
綺麗なラグーンが広がっています

最後は、ル・マイドの展望台から壮大な景観を堪能して、レユニオンを後にしました。

圏谷の底にある町へのアクセスは徒歩のみ
圏谷の底にある町へのアクセスは徒歩のみ

国際線で移動して、モーリシャスへ。

モーリシャスは、言わずとしれたアフリカの有数リゾートの国です。

海沿いには、数多くのビーチホテルが並びます。

ビーチだけではなく、観光資源も豊富です。

今回は、ヒンドゥー寺院やシャマレルの七色の大地を訪問しました。

巨大なシヴァ神の像
巨大なシヴァ神の像
溶岩に含有される成分の違いにより色が変わる七色の大地
溶岩に含有される成分の違いにより色が変わる七色の大地

終日、自由行動の日は、ビーチでのんびりしたり、シュノーケリングに出掛けたりと思い思いに過ごされました。

2016093027

2016093028

私は希望者の付き添いで一緒にカゼラ・ネイチャー・パークへ。

ここは、一大テーマパークになっていて、園内では、車やラクダに乗っての動物サファリや、ライオンと一緒に歩いたり、触ったりするアクティビティーを楽しむことができます。

人気のアクティビティーは、何か月も前から予約が入るようで、当日予約は難しいのだとか。

今回は、入園料だけを支払って、園内を散策しました。敷地内は広く、ひとしきり歩いて見て回ると2時間以上はかかります。

鳥のゲージや、ゾウガメ、ライオンなどのゲージもあり、広い動物園のようでした。

ネイチャーパークの入り口
ネイチャーパークの入り口
いたる所に孔雀が歩いていました
いたる所に孔雀が歩いていました
色鮮やかなコンゴウインコ
色鮮やかなコンゴウインコ
セーシェルの固有種、アルダブラゾウガメ
セーシェルの固有種、アルダブラゾウガメ
昼寝中のライオン
昼寝中のライオン

魅力的な大自然は言うまでもなく、美味しい料理やお酒も存分に楽しみたい方には、非常にお勧めのツアーです。

2016093035

荒木