2013.08.16発 ナチュラリスト加藤直邦さんと行くケニア10日間 夏休み特別版!

今年の夏も道祖神さんで主催していただいている夏のサファリキャンプツアーに出発しました。
今回はマサイ・マラ東部のオルケリ・キャンプサイトに5連泊という一箇所滞在型ツアーだったので、わずらわしい移動の準備や、長い移動によるタイムロスなどもなく、思いっきりサバンナを満喫できたと思います。サファリドライブによる動物観察では毎回違うエリアを訪れ、小さな鳥から大きなゾウの群れ、それにライオン、ヒョウ、チーター、サバールといったネコ科肉食動物など、期待を裏切らない遭遇率でした。さすがマサイ・マラです!
また、恒例になっているマサイ族の村訪問や、アフリカンクッキングなども初めてケニア旅行した方からサファリリピーターのお客様まで、楽しんでいただけたようです。

02

今回特に印象深かったのは、マサイ族の戦士と一緒に歩くロングウォークです。
キャンプ場を出発し、動物の足跡や、薬になる植物の説明を受けながら近くの丘を登っていきます。
保護区の外のキャンプ場といっても、ここではシマウマやインパラなどの動物を沢山観察できます。ゾウやライオンさえ見たことがあるワイルドなアカシア林を歩きます。

03

ときどき休息を取りながら、戦士たちは自生している樹木から僕らに杖を作ってくれたり、棍棒を作って使い方の練習も教えてくれたりしました。戦士の一人は実際に家畜を守るためにライオンと戦ったことがあるそうで、死闘のすえ3ヶ月入院したという生々しい体の傷を見せながら、いかに自分が勇敢だったか熱弁してくれました。そんな勇ましい戦士たちが僕らを守ってくれて、安心です。

丘への登り道は次第に狭くなり、細い谷になっていきます。そして谷の最上部では、自然に出来た岩の洞が姿を現しました。中に入るといい匂いのする柔らかい葉が敷き詰められ、焚き火をする暖炉があり、壁には様々な動物の絵が描いてあります。ここは「カケア」と呼ぶマサイ族の宿泊所だったの です。

04

マサイ族は、乾季になって家畜に食べさせる草がなくなるとき、雨の降りやすい丘の上に家畜を移動するそうです。この仕事はマサイの戦士たちの役割で、村から離れた戦士たちはこの洞で寝泊りしながら乾季のあいだ家畜を守るのだそうです。洞の中はちょうどいい広さで、十分雨風はしのげそうです。今度は寝袋を持参して、実際に宿泊しながらマサイ族と語らい合う企画も面白そうだと思いました。

最後は丘のてっぺんまで登り、待っていた車と合流。ここでサバンナに沈む夕日を見ながら乾杯です!
そして薄暗くなってきたころ、ここからナイトサファリへ出発です。それぞれ自分の懐中電灯を目線に近づけて暗闇を照らすと、野生動物の目がキラキラと反射します。観察した動物は、木の上のガラゴ(夜行性のサル)や立ったまま眠るキリン、林で眠るインパラやヌーの群れでしたが、普段見られない夜間の動物の姿は印象的でした。

05

今回私たちがウォーキングとナイトサファリを楽しんだエリアは保護区の外にあり、キャンプ場を所有するマサイ族のコミュニティーによる プライベートエリアです。よって、こちらでのアトラクションに参加すると保護区ではなくマサイ族に収入が入ります。そのお金は、近隣の小学校の維持費や、 今後の診療所の建設な どの費用になるそうで、同行してくれたマサイ族の戦士たちも協力的でした。このようなコミュニティーを活性化するプライベートエリアでのアトラクションも、新たなサファリの醍醐味として積極的に取り入れていきたいと思います。乞うご期待!

加藤直邦