2017.2.15発 山形豪さんと行く 2月のタンザニア・ンドゥトゥ 写真撮影ツアー 12日間

2月15日から26日まで、セレンゲティ平原南部にあるンドゥトゥへの野生動物撮影ツアーをガイドさせていただいた。日程はンゴロンゴロ・クレーターで2泊、ンドゥトゥで5泊、タランギレ国立公園で1泊というもので、実に多くの動物たちの、様々な場面を撮ることができた。

まず訪れたのはンゴロンゴロ・クレーター。ここはどの季節に行っても絶対に多くの動物がいる。ライオン、ゾウ、クロサイ、バッファロー、カバなどなど、チーターとヒョウ以外の主だった大型哺乳類を一気に見ることができる素晴らしい場所だ。また、2月は鳥たちにとっても繁殖期であるため活性が高くて楽しい。

ンゴロンゴロ・クレーター
ンゴロンゴロ・クレーター
ライオンの親子
ライオンの親子
寝転がるライオンを撮影中
寝転がるライオンを撮影中
卵を守るクロハゲリ
卵を守るクロハゲリ
のんびり草を食むシマウマ
のんびり草を食むシマウマ
喉を膨らませ、メスを呼ぶアフリカオオノガン
喉を膨らませ、メスを呼ぶアフリカオオノガン
クロサイ
クロサイ
ンゴロンゴロ・セレナロッジの部屋
ンゴロンゴロ・セレナロッジの部屋
緑豊かなンゴロンゴロ
緑豊かなンゴロンゴロ
クレーターには大きなゾウも多い
クレーターには大きなゾウも多い
巣作りをするミミヒダハゲワシのペア
巣作りをするミミヒダハゲワシのペア
車の脇までやってきたオスライオン
車の脇までやってきたオスライオン
ライオンを避けるブチハイエナ
ライオンを避けるブチハイエナ
くつろぐカバ
くつろぐカバ
クレーターでの昼食
クレーターでの昼食
ドライバーのジェレミア
ドライバーのジェレミア
カンムリヅル
カンムリヅル
セネガルショウビン
セネガルショウビン

ンドゥトゥは、セレンゲティ大平原の南部に位置する湖で、雨季にあたる2月に、大移動の途中でヌーたちが一斉に出産するエリアだ。草食獣の出産に合わせてライオンやチーターなどの肉食獣も子育てをすることから、この時期のンドゥトゥでは肉食獣の捕食行動や、子供の姿を目にする可能性も高い。実際、今回の旅では生後数日のライオンの赤ちゃんを見るという幸運に恵まれた。

さらに、動物の撮影をする上で、ンドゥトゥには大きな魅力がある。それは車の移動範囲が道路に限定されないという点だ。広大な平原を縦横無尽に走り回り、チーターなどを探すことができるのだ。そのおかげで今回、子連れの母親も含め、10頭以上のチーターに出会い、獲物を捕らえるには至らなかったものの、チェイスも3回見ることができた。

アカシアを食べるキリン

アカシアを食べるキリン

まるで乾季のような平原
まるで乾季のような平原
獲物を食べるチーター
獲物を食べるチーター
餌を巡って争うミミヒダハゲワシ
餌を巡って争うミミヒダハゲワシ
水を飲むチーター
水を飲むチーター
チーターと目が合う
チーターと目が合う
生後数日のライオンの赤ちゃん
生後数日のライオンの赤ちゃん
メスライオンの目
メスライオンの目
じゃれる若いチーター
じゃれる若いチーター
ジャッカルを追いかけるチーター
ジャッカルを追いかけるチーター

ただし、タンザニア北部は昨年来の旱魃の影響で、我々がタンザニア入りした時点では雨がほとんど降っていなかった。ンドゥトゥ到着初日の光景は、まるで乾季の最中のような有様で、そのためヌーの大群は影も形もなかった。そこで2月22日にはセレンゲティ国立公園のセロネラまで足を伸ばした。目的はヌーの群れの位置を確認すること、そしてヒョウを探すこと。ヌーたちはセロネラとンドゥトゥのおよそ中間にあるシンバ・コピーと呼ばれる岩場のあたりにいた。そしてセロネラ谷では、首尾よくヒョウの姿を拝むことに成功した。

シンバ・コビー周辺のヌーとシマウマ
シンバ・コビー周辺のヌーとシマウマ
ジャンプするヒョウ
ジャンプするヒョウ
皆ヒョウを撮るのに夢中
皆ヒョウを撮るのに夢中
何かを見つめるヒョウ
何かを見つめるヒョウ
ヌーを食べるライオン
ヌーを食べるライオン

天気は22日夕方から一気に雨模様となり、23日の朝、ンドゥトゥ周辺では凄まじい大雨が降った。ゲームドライブに出た我々はこの日、3回も泥にスタックしたが、この雨のおかげで、それまで土と枯れ草しかなかった大地が辺り一面の緑へと変貌した。それに伴い、シンバ・コピー付近にいたヌーたちが一斉に南下し、最終日、我々がンドゥトゥを去る日には幾つもの群れがやってきた。ンドゥトゥ湖にも水が張り、それまで一羽もいなかったフラミンゴまでが姿を現していた。そのような劇的な変化を目撃できたのは幸運だったが、近年、気候変動の影響がアフリカのこの地域でも顕著になっており、これまでの季節性がどんどん失われているのは間違いない。

大雨でぬかるみにスタックした車
大雨でぬかるみにスタックした車
ンドゥトゥ・サファリロッジの部屋
ンドゥトゥ・サファリロッジの部屋
ロッジのマスコット、ジェネット
ロッジのマスコット、ジェネット
緑になった平原と南下してきたヌー
緑になった平原と南下してきたヌー

最終日を過ごしたタランギレ国立公園は、そこかしこにそびえるバオバブの巨木と、数多く生息するゾウで有名な場所だ。個人的には部屋のすぐ近くの木で巣作りをしていたボタンインコと、ロッジのテラスから見た朝もやの中のサバンナがとても印象的だった。

タランギレ国立公園のバオバブとゾウ
タランギレ国立公園のバオバブとゾウ
木のうろに巣を作るキエリボタンインコ
木のうろに巣を作るキエリボタンインコ
ロッジのテラスから見た朝もやの中のサバンナ
ロッジのテラスから見た朝もやの中のサバンナ

山形豪

西アフリカからの手紙

先日、添乗員として西アフリカへ行った弊社スタッフからナイロビオフィスにポストカードが届きました。
送ってくれた場所はセネガル。日本へは1週間ほどで届いたそうですが、ナイロビに到着したのは2~3週間後。

ちなみにレソトという国からのポストカードは1か月ほどかかっていますが、日本もケニアも同じくらいの時間がかかっていました。

AIRMAILと書かれている以上、飛行機を使って送っているものだと思いますが、ケニアよりも遠い日本へ1週間で届いていることを考えると、どこで時間がかかったのか、どういったルートで運ばれてきたのか、などいろいろと考えてしまいます。
日本とは違い、ケニア国内で時間がかかっていることも考えられるのでなんとも言えないところですが…

ナイロビ駐在所・菊地 佑介

ルワンダに灯った希望の光

ルワンダに行ったことがある方ならバナナの木々(本当は’木’ではないのですが木のように見えます)が一面に広がる景色は印象に残るはず。
そのルワンダを代表する植物でもあるバナナですが、実は食べれてもその茎はほとんどが捨てられる運命です。
それを見た著者がバナナから和紙をつくるために奮闘した12年の記録です。
一人で始めた活動が今ではたくさんの人たちに支えられて活動が広がる様子は、誰にでもちょっとしたきっかけで世界に関わることも、いろいろな人たちと繋がることもいいモノが作れることも教えてくれる一冊で、読んでいて勇気をもらいました。

by KQ

ピリピリ

アフリカ諸国、どこへ行っても出会えるのがこの「ピリピリ」、唐辛子の事です。

私は中毒者なのでこれがなくては生きていけません。

元々、辛い物が嫌いではなかったのですが、長年のアフリカ通いと4年間のケニア暮らしによって、完全に舌がおかしくなってしまいました。

現地でローカルな食事を食べるときには、真っ先に「ピリピリはないのか?」と追加注文するのがクセづいてしまっています。

「ピリピリ」という単語自体は中~東部アフリカで話されるスワヒリ語で唐辛子のことを指すのですが、なぜかスワヒリ語圏でない西アフリカや南部アフリカでも「ピリピリ」と言えば唐辛子のことで通じます。

潰してペースト状にしたものや、乾燥させて粉末状にしたものや、ソースとして精製したものなど、様々な形状で家庭やローカル食堂のテーブルに並んでいますが、私が一番好きなのは生のピリピリを粗く刻んで、ごはんやおかずにまぶして混ぜる食べ方です。口に含んだ瞬間、舌先が燃え、辛さがダイレクトに脳天まで響きますが、すぐに辛さは去り、その後はほのかな清涼感が残ります。この打ち上げ花火のような感覚が非常にクセになります。

唐辛子の辛さを計測する単位はスコヴィル値といい、日本でなじみのある鷹の爪は約4万~5万スコヴィル、アフリカ諸国のピリピリは、品種や地域によっても差がありますが、おおよそ10~25万スコヴィルと言われています。

この数値は、唐辛子業界の中ではそこまで高い数値ではなく、どちらかというとマイルドな部類です。例えば、よく名の知れたハバネロは約40万スコヴィル、激辛大国として知られる中米のトリニダード・トバゴには120万スコヴィル値以上の強烈な品種がごろごろしています。ですが、ただ暴力的に辛ければいいというわけではなく、個人的にはアフリカの「ピリピリ」が持つ、刺激の後にくるほのかな清涼感こそが肝ではないかと感じています。

辛味の話をしているとつい熱が入ってしまいましたが、ぜひ皆さんもアフリカ旅行の際は現地で「ピリピリ」に挑戦していただければと思います。

by 生野

上野動物園でハシビロコウを撮ってみた

「動かない鳥」として有名なハシビロコウ。野生ではアフリカ東部・中央部の湿地帯に分布しています。そんなハシビロコウを上野動物園で撮影してみました。

上野動物園にはアサンテ、サーナ、ミリー、ハトゥーウェ、シュシュ・ルタンガという5羽のハシビロコウがいますが、それぞれ足にリングが付けられ、簡単に個体識別できるようになっています。

「動かない鳥」とは言いますが、じっくり観察していると意外とよく動きます。首を動かしたり歩いている所はよく見ますし、翼を広げて飛んだり、時には獲物を捕らえる瞬間に立ち会えることもあります(生きた鯉を餌として池に放っているそうです)。

この日、アサンテが池の中へゆっくりと入っていくとピタリと動きを止め、狩りのタイミングを計っているようでした。しばらく待っていると突然クチバシを水中に刺し入れましたが、残念ながら狩りは失敗だったようです。それまでのゆったり動作と違い、狩りの瞬間は非常に素早いです。シャッターチャンスを逃さないよう気を付けなければいけません。

時間をかけてじっくりと観察すると、いろいろな仕草が見られて面白いです。皆さんも上野動物園へ行った際は、ハシビロコウをじっくり観察してみてはいかがでしょうか。

by 斎藤