とうとうマラリアのワクチン接種が?


本当は、先回のヒョウ柄のコメントより先に投稿した
かったのですが、前後してしまいました。

過去何年に渡って話題に登っては消えたか・・・、期待
していた予防接種がやっと人間に摂取されると発表され
ました。前触れもなくの突然の事でびっくりでした。

WHOが今4月23日に発表した事は、年間36万人のアフ
リカ、ケニア・ガーナの乳幼児を対象にマラリアのワク
チンを摂取していくとの事。因みに既にマラウイでは
摂取を始めているそうです。

しかしなんとこの薬は1987年に既に製造されていたとの
事。随分と時間が経ってからの実用化です。

昨今、マラリアによる死亡率は低下しているものの、 感染
事例は増加に転じているそうで。臨床試験の結果では、
マラリアの感染率を4割近く引き下げる事が示されている
そうです。 早く効果が現れると良いです。

写真は、ンドゥトゥ地区のチーターの親仔、いつも2~3月の
サファリでは何組かの光景が見られたものでしたが・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です